創業明治17年 中嶋のうに
山口県(長門の国)北浦、豊北町和久浦の雲丹は爾来品質優良のため遠く宝暦元年の頃より明治維新前迄、長州藩主毛利公の特別懇望に拠り、年齢15才以上60才迄の漁師は毎年4月中旬迄塩雲丹三合宛上納として納めたという記録が残っております。
明治35年、我が国初めて漁業法案実施の際、上の慣行を認められ山口県下第一に当和久裏に、雲丹専用漁業権が許可になりました。
不肖、当店中嶋うにの創業者吉左衛門が伝統的奇績を得、明治17年より雲丹製造を興し、当時は塩雲丹として販売し、爾来製法を改良し今日に至ったものであります。
印「中嶋うに」は北浦沿岸に産する精選の上、伝統の製法により製造したもので、創業以来に120有余年、苦心研究の結果伝統的香味を有し、雲丹特有の風味を保ち芳香美味は他の追随を許さないと自負いたしております。
お買求めの際は印「中嶋うに」とご指定の上、多少に拘わらずご用命の程、お願い申し上げます。



山口県下関市豊北町神田上和久
TEL:083-786-0007(代)
FAX:083-786-1660

メールはこちらから